S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その他のジャンル
カテゴリ
全体
日々の生活
白黒写真




神社仏閣
瀬戸内海
日本海
Hiroshima City
Other Photos
Contest
ShimaProject
お知らせ
未分類
記事ランキング
お気に入りブログ
*a sktech ph...
こころの色
Square Tokyo
正方形×正方形
ふぉと・ふぉと♪
気ままな時間を ゆったりと
Smile Family !!
note
S H O P H O T O
あに☆いもうと
ふうふう~徳島より
Hiro* Photo ...
Joyful×2
Final Impres...
“希霜”天外?
やぁやぁ。
bouillon
Copse PHOTO
くろねこの縁側日記
Colors of Se...
くろねこのぶらり春夏秋冬
TOSが行く~徒然なるま...
外部リンク
その他のリンク
Shima Project Web.

◎リンクフリーですが、一声いただけると嬉しいです。

◎全ての画像と文章の無断コピーおよび無断使用は固くお断りします。
検索
以前の記事
2017年 10月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
I am crying.
f0224584_22481516.jpg

夏の終わり、「僕が泣いているのに何故撮るの?」と怒られました。
そういえば、同じ様な時期に娘にも怒られた事があります。

笑っている所だけじゃなく、泣いている所も記録として残したい。という理由はあるのですが、
なんというか、単純に、愛おしすぎてオモシロくなるんです。・・・いけませんね。
ごめんね。と謝ったのですが、言葉では説明できない理由を伝えられないものかと考えたあげく、
家に帰ってからとあるビデオを見せてみました。

息子や娘が泣いているシーンが多く写っている3年位前のビデオなんですが、
それはもう面白かったようで、大笑いしながら何度も何度も見返して、
「オレと姉ちゃんの泣いている所、可愛いくてオモシロいね〜。」と効果覿面なお言葉。

喜怒哀楽を記録として残したいけど、子供は真剣に泣いているだけに、
そこらへん、もう少し配慮が必要でした。反省です。
[PR]
by kokohinapapa | 2013-11-27 22:52 | 日々の生活 | Comments(2)
Commented by utti at 2013-11-29 00:13 x
言葉では説明できない理由を形で示してあげられる、そんなkokohinaさんをとても尊敬します。記事を拝見して、あらためてそう感じました。

写真を撮ることが大好きな親父カメラマンとして、喜怒哀楽を記録に残すことと同じくらい、子どもたちとのかけがえの無い時間を親父として身体を使って楽しみたい。そう思って今を過ごしています。

単身生活が始まり、実は写真を撮る機会が物凄く減りました。もう、劇的にです。
単純に帰省時に、写真を撮っているのが「もったいない」、それだけです。

特に息子との接し方については、刻一刻とその時が近づいてきたなぁと感じます。そろそろカメラは卒業、次のステップかなと思っています。
でも、それこどがまさに自分が描く息子と父親の理想の姿です。だから今度は、そんな父と子の姿を妻に、と。笑


もちろん、暴れ娘さんのほうはまだまだ写真記録全盛ですけどね。笑
Commented by kokohinapapa at 2013-11-30 12:24
>uttiさん
娘の時は思いつかず、泣いている息子をみて吹き出していた娘をみて、そういう気持ちで撮っているんだよ。と伝えた事があったので、ビデオ戦法を思いついたのは娘のお陰です^^

>>特に息子との接し方については、刻一刻とその時が近づいてきたなぁと感じます。そろそろカメラは卒業、次のステップかなと思っています。

そう言えば、以前も言われてましたね。いよいよですか、なんだか寂しい気もしますね。
うちは娘と同じで、小学校に上がり、徐々に息子のブログへの登場回数は減ると思いますが、子供たちの写真は「僕自身」が飽きるまで撮り続けて行こうと思っています。もっとも、僕が飽きるよりも早く撮らせてもらえなくなるかもしれませんが・・・

子供達が成長するに連れて接し方も変わっていきますが、相手をしてくれるうちは、精一杯子供達に相手をしてもらおうと思っています。笑

<< 小学校へ Hiroshima City >>